フマキラーの株主優待は実用的、東京瓦斯について

株主優待の商品で投資先を選ぶ人も多いのですが、それが好評の企業の一つにフマキラーがあります。フマキラーは現在1000株以上の株主に3000円相当の自社商品詰め合わせを贈っています。企業の中には自分の会社で作っている製品と別のものを優待品として選んであるところもあるのですが、フマキラーの場合は自社の有名な殺虫剤や除菌剤などです。フマキラーの株を買ってこの企業に投資しようという人は普段からここの製品を愛用していると考えられますから、こういう製品が優待品としてもらえるのであれば本当に実際に家で使えます。また、合計額が3000円相当ですから製品も多くの種類が入っていまして、何種類も得られる期待もあります。株主に本当に喜ばれる株主優待を行なっているフマキラーへの投資は今後も人気が継続します。これに対しまして東京瓦斯の場合は本業がガスの供給ですから製品を優待品として贈るというわけにはいきませんが、今東京瓦斯では本業に加えまして、電力自由化が始まりましたのでそれに参入したことでたいへん注目されています。電気とガスのセットで販売し割引することによって顧客を集めていますので、今後電気の供給を東京瓦斯にする人がどんどん多くなりますと株価の方もさらなる上昇が期待できます。さらに今注目されますのが格安のスマートフォンへの参入です。これは電力だけではなく2017年から都市ガスが小売り自由化になりますのでそれを見越してのサービスとも言えます。都市ガスと電力のセットにさらに電話料金も一緒にセットにして割引をするというのは東京瓦斯のような企業しかできませんので、それが大きく普及しますと都市ガス自体の利用者も増えます。東京瓦斯の株に投資する際はこのような異業種参入の状況にも目を配っていくのが大事になります。